リンちゃんが教えてくれた事!【ラブリーリンちゃん】

こんにちは!WEBスタッフの松本です。

 

突然ですが、私はいわゆる小顔である。
これは、自慢でもなんでもなくて、かなり大人の年齢になるまで、
とにかくコンプレックスでしかなかった。

 

初対面の方に挨拶代わりに、「顔が小さいですね。」も、
かなり傷ついていたが、それはまだストレートでゆるせる。

 

多感なお年頃の時期には、(子どもは表現力の天才なので!!)
「(顔の大きさが) コメ粒みたい」
「(体型のバランスが) 宇宙人みたい」
「(写真と撮る際) あなたの隣には並びたくない」
こんな、心無い言葉で傷ついてきた。褒め言葉には聞こえなかったのである。

若いころは必ず、「そういう事、言われるの嫌なんだど・・・」と、

かなり尖った受け答えをしていた。それに対して、ほぼ100%の確率で
誰も、同じ返事が返ってきたのである。

「だって、(顔が)大きいって言われるよりはいいでしょ」

私は、「普通」がよかった。「普通」を基準にすると、小さいも大きいも一緒の事なのだ。

 

こんな、私のエピソードを吹き飛ばすような商品が、2年ほど前に堀商店に
やってきた。

その名は、「ラブリーリンちゃん」
https://www.horishoten.co.jp/detail.php?code=397986


リンちゃんを初めて見た時は、内心「うわっ!!」と思った。
小顔なのである。その事で、傷つけられてしまうのではないか、、、

私の心配をよそに、リンちゃんは、順調に定番商品としての座をしっかりと
守り続けている。お子さまの景品やプレゼントとして、夢を与え、かつ
女の子のお人形のおもちゃとして、喜ばれているのである。


リンちゃんは、密かに努力をしていた。
唇の色が発売当初は、肌色だったが、さらに可愛く見える様に、
うっすらとピンク色にマイナーチェンジをしていた。

そして、この価格帯で、「パンプス(靴)」を履いているのは、
メーカーさんの「こだわり」なのだとか、、、(しかも赤いパンプス!)

髪色も、ブロンドとブラウン2色があり、
ロングヘアなのは、髪型アレンジも楽しめちゃうのからなのだ。

手足が可動式なので、おままごとでも遊べる・・・


顔が小さいとか大きいとか、そんなことにこだわっていた自分が恥ずかしくなった。
リンちゃんは、オンリーワンのリンちゃんとして、密かな努力を重ね、自信を持って活躍している。
私は、りんちゃんの応援団でありたい。

f:id:horistaff:20181220182904j:plain

ちなみにリンちゃんは、8等身美人である。

photo MIYAGAWA Special Thanks